バドミントンシューズ重さ比較 | エアラス3からウェーブファングゼロまで

フットワークが勝敗を分けるバドミントンでシューズの重要性はかなり高いと考えています。僕が教わっている中国人のコーチ曰く、ラケットよりもシューズ選びに時間とお金をかけろと口癖のように呟いています。

今回は僕が履いている主力シューズ達の重さを比較してみました。各シューズのレビューは時間が出来たらコツコツ追加していきます。

計測は僕の足サイズ、ヨネックス&ビクターは28.0CM, ミズノは28.5cmで計測しています。

ヨネックス

先ずは王道のヨネックスから。

パワークッション01(SHB-01)

リー・チョンウェイ限定モデル。2013年と既にかなり昔のモデルだけど、中国だと今でも探している人が多い人気モデル。シューズ内のスポンジが厚めで包み込み感はやっぱり最高。見た目からしても重量感がある。

384g(28.0CM)

パワークッション01

エアラス2(SHB-A2M)

2016年の発売当初は最軽量を謳っていた軽量シューズ。僕の通っているコートで履いてる人率が最も高いシューズの一つ。特にレディースはかなりの人気。個人的にはメンズのカラー展開が好きじゃない。

300g(28.0CM)

エアラス2

エアラス3 (SHB-A3M)

2018年に発売したエアラスシリーズ最新モデル。トーナメントでお馴染み。世界各国の選手が履いている。通気性が良くて柔らかい。因みに僕の主力シューズ。計測したシューズで最軽量。

287g(28.0CM)

エアラス3

パワークッション65X(SHB-65X)

パワークッション65Zの海外限定カラー。色味が違うだけで基本スペックは65Zと同じ。内部スポンジは薄く、履き心地は固め。インソールを入れ替えているから、元インソールだと5グラムくらい軽いかもしれない。

336g(28.0CM)

パワークッション65X

ビクター(Victor)

日本ではほとんど履いている人を見た事がないけど、中国や台湾だと評価は高い。バドミントンの為に細かい所まで設計していて履き心地は上々。日本で評価されてもいいと思う。

A960 烎

ビクターいわくオールマイティーというポジション。2.5Eだけど先細りのデザインなので実際はもっと幅は狭い。足の幅が普通〜広めの人は8510がおすすめ。内部のスポンジはヨネックスより厚めで65Zより包み込み感がある。

347g(28.0CM)

A960 烎

P8510 CX

名作SH8500のアップグレード版。4E。ヨネックスで言うとワイド版の位置付け。実際にはヨネックスの3Eとそんなに変わらない。甲周りは丁度いい柔らかさ。スポンジが厚いだけあって少し重い。

379g(28.0CM)

P8510 CX

ミズノ

ミズノはソールの弾力が他のメーカーより欠けるから好き嫌いが分かれる所。良く言えば自然な履き心地。

ウェーブファング PRO(プロ)

バドミントンシューズでは稀有なリアルレザーを使用した高級モデル。ベストな柔らかさとスポンジ厚で履き心地は最高クラス。しかもかなり軽量。ソールが薄めでヨネックスやビクターに比べると弾力が無い。名作。

335g(28.5CM)

ウェーブファング PRO

ウェーブファング XT3

XTシリーズの三番目。中途半端なフィット感で他のシューズに比べて良いところが見つからない。近年買ったシューズで1番の失敗。軽量を謳っている割りにはそんなに軽くない。

343g(28.5CM)

ウェーブファング XT3

ウェーブファング ZERO

2018年末に発売された新作。ブーティ構造を採用して、名前の通りゼロから作り直したらしい。フィット感は確かに素晴らしい。ソールの弾力も若干向上したような。

363g(28.5CM)

ウェーブファング ゼロ

ウェーブファング プロ MID

2019年9月に発売されたプロのミッドカット。正直に言うとミッドカットじゃないモデルの方が軽いし動きやすい。ミッドカットの利点は足との接着面積が増えるのでほんの少しフィット感が向上しているという点かな。

360g(28.5CM)

ウェーブクロー

2019年7月に発売されたウェーブクロー。色がキレイな限定カラー。フィット感やソールの弾力もかなり改善されている。現状一番バランスがいいミズノのシューズ。思ったよりは軽くない。

347g(28.5CM)

ウェーブクローNEO

ウェーブクローが発売されて半年も経たないくらいで発売されたウェーブクローネオ。ファングゼロのフィット感プラスクローの安定性かつほどよい弾力のあるソールをミックスさせた所謂ミズノ技術の全盛り。2020年4月現在で一番気に入っている。

343g(28.5CM)

まとめ

モデル名 重さ
パワークッション01 384g(28.0CM)
エアラス2 300g(28.0CM)
エアラス3 287g(28.0CM)
パワークッション65X 336g(28.0CM)
A960 烎 347g(28.0CM)
P8510 CX 379g(28.0CM)
ウェーブファング PRO(プロ) 335g(28.5CM)
ウェーブファング XT3 343g(28.5CM)
ウェーブファング ZERO 363g(28.5CM)
ウェーブファング プロ ミッド 360g(28.5CM)
ウェーブクロー 347g(28.5CM)
ウェーブクローNEO 343g(28.5CM)

シューズの重量は正直言うとあんまり重要ではないけど、参考までに。やっぱりヨネックスのエアラスシリーズが圧倒的に軽量です。

現在エアラス3が僕のメインシューズ。軽いけど弾力のあるソール、柔らかくフィット感がそこそこある足回りと言うこと無し。問題は履いてる人が多すぎて、あっすいませんってなる事くらいかな。

シングルメインで65キロを超える人だともう少し固めのシューズの方が安定感があるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です